login
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+PROFILE
写真:ミキ
+QRコード
qrcode
+OTOFRAME


+RECOMMEND
Good-bye days
Good-bye days (JUGEMレビュー »)
Akihisa Matsuura,Hideyuki“Daichi”Suzuki,YUI for 雨音薫,YUI
映画
「タイヨウのうた」
主題歌
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ドリームバスター〈3〉
ドリームバスター〈3〉 (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
1巻から3巻好評発売中
+RECOMMEND
+AFFILIATE


+MoraRanking


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 虹の女神 観ました(10/19鑑賞) | main | 10月検索ワードランキング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トンマッコルへようこそ(10/29鑑賞)
韓国映画トンマッコルへようこそを観て来ました。
とても良かったです。結末は悲しかったけど…。
出てくる役者さん、皆いい味だしてましたねぇ。
お勧めだお^o^

[監]パク・クァンヒョン 
[出]シン・ハギュン/チョン・ジェヨン/カン・ヘジョン他
[おはなし]平和な村トンマッコルにある日、アメリカ兵をはじめ6人の“お客さん”が現れる。敵対する韓国軍と人民軍のにらみ合いが原因で村の食糧を台無しにしてしまったことから、兵士たちは村人のために畑仕事を手伝うことに。
オフィシャルサイトへGO
トンマッコルへようこそ - goo 映画
| 映画 | 02:24 | comments(0) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | 02:24 | - | - |









http://wiseman.jugem.jp/trackback/459
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/07 11:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/20 11:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/10 4:12 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/10 4:47 AM |
(今日の映画)トンマッコルへようこそ
トンマッコルへようこそ (2005/韓国) Welcome to Dongmakgol
| Kozmic Blues by TM | 2006/11/25 11:32 PM |
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』
10月31日(火) 朝、通勤〜スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシネマー
| CHEAP THRILL | 2006/11/15 7:49 PM |
「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 「トンマッコルへようこそ」★★★★ シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン 主演 1950年朝鮮戦争真っ只中、 隊からはぐ
| soramove | 2006/11/10 8:51 PM |
トンマッコルへようこそ♪観て良かった!
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供のように
| ?? | 2006/11/10 12:39 PM |
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/06 8:49 PM |
映画「トンマッコルへようこそ」
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/11/04 1:45 AM |
『トンマッコルへようこそ』鑑賞!
『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー! 笑顔が一番つよいのです....。 トンマッコル、子どものように純粋な村 人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず 暮らすこの村で偶然鉢合わせをした 3組の敵対する兵士たち 彼らが村人との交流を通じ
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/04 1:25 AM |